一般歯科

一般歯科について

通常、病気になれば、その治療をするために保険制度を利用して治療をするのが一般的です。歯科治療においても、お口の疾病に対する治療において、特殊なことを除いては保険治療はほとんど網羅されております。

ただ、矯正治療(一部できるのもありますが)やより自然な歯に見えるようにするセラミック歯、変色した歯の脱色をするホワイトニング治療、インプラント治療(歯がなくなった所に新しく人工の歯を作る治療)、歯の周りの骨がなくなった時や顎の一部の骨が大きくなくなった場合に新しい骨を作る治療 等、その他保険治療の範囲をこえた場合の治療においては、現行の保険を利用できない時があります。

治療は保険のきく範囲であっても、その範囲を超えた方法であっても、疾病を治すために自分が求め、満足できる範囲で先生と相談して、或いは説明を受けて、納得してから受けるべきだと思います。

【 一般的な歯科治療として主に保険でできる治療 】



虫歯の治療

虫歯菌(口腔内常在菌)により歯の穴が開いたところに、白いプラスチック(レジン)を詰める簡単な治療から、大きく削って型を取り金属冠(前歯、小臼歯までは白くすることができます)をかぶせる治療があります。また外傷などで歯が欠けてしまった場合も同様に治療します。

最初は小さな針先のような虫歯でも、自分で気づいた頃にはしみてきたり、大きな穴が開いて食べ物が詰まったりして知らないうちに大きくなってしまう事になるので気をつけましょう。小さい虫歯の治療ほど時間、費用も少なく済みますので、自覚症状がなくても検診をして虫歯があれば早めの治療をおすすめします。



根の治療

虫歯が進行したり、歯が欠けたりして歯の神経の損傷がおきると、痛みが生じるため神経をとる治療になります。また、神経の治療をした歯が再度感染して炎症を生じた時に根の治療をする時があります。

治療は神経のあったところを無菌的にして生体に無害な充填物ですべて満たします。(レントゲンを見ると根の先までお薬が入っているかがわかります)その後、噛めるように歯を治します。



歯ぐきの治療

歯の周りが汚れ(歯垢、歯石が着き)、歯ぐきに炎症が生じて症状が進むと、歯を支える骨が解けてなくなり、歯が抜けてしまう病気ですが、軽度、中程度、重度などのそれぞれの状態にあった歯周治療と予防処置(ブラッシング、定期的な検診)によって治ってきます。



ホテツ処置(詰め物をしたり、金属により歯の削ったところを補う治療)

虫歯により歯に穴が開いた部位や何らかの理由で歯に欠損がある場合に白い詰め物をするか、削って型を取り金属をつけます。また歯に動揺がある場合には数本の歯を削って金属により固定する場合もあります。



入れ歯(義歯

歯がなくなった場合、取り外し式の人工の歯をはめ込む装置をつけます。一般的に自分の歯より咀嚼能率が格段に減りますが、入れ歯がきちんと適合して痛みがなく慣れてくれば十分噛めるようになります。



抜歯

虫歯や根の病気、歯周病が進行したり、外傷などにより歯の根がハセツした場合や親知らず歯の位置異常で炎症がある場合など、歯の保存が不可能な場合に抜歯する場合があります。

その後の治療法としては、前後に歯がある場合はその歯を削り金属を入れる(ブリッジ)治療や取り外し式の入れ歯を作る場合があります。また、抜いた歯(主に親知らず歯)を他の歯のない部位へ移植することも可能です。



顎関節症の治療

歯科的には、噛み合せの状態に異常が生じそれが長く続くと、顎の関節に異常が起こり口を開けたり閉じたりすると、音がしたり(クリック音や耳に響く雑音)、痛みが生じたり、口の周りや頸部の筋群の違和感を感じたりする時があります。原因を特定するのは難しいのですが、噛み合せだけでなく他の疾病(ストレス、うつ病などの精神的障害、外傷、関節そのものの機能障害、その他)が関係することも多く、簡単に治る場合と長期間経過しても治らない時もあります。



クレンチング−歯ぎしり

歯が磨耗により多数歯にわたって磨り減って(噛み合わせが通常より長時間接触することにより生じやすく)放っておくと歯、歯の周りの組織(歯肉、神経、骨)に損傷を引き起こしたり、歯が割れたりする事もあります。就寝時に歯ぎしり音がする人、音が出ずに歯ぎしりをする人もいますので、異常に歯が削れていたりするような場合には歯医者さんで検診を受けて下さい。



小児歯科と歯並び

永久歯の治療とほぼ同様ですが、子供は恐怖心があって治療をいやがったり、持続的な治療が続かなかったりする時もあるので、歯科医院での雰囲気や治療器具等に慣れてから処置を行なった方が、恐怖心を植えつけない為にも良いと思います。どうしても即時治療が必要な時には、泣いて嫌がっても治療しなければならない時もあります。

虫歯にならないようにプラークコントロール、家族ぐるみでの歯磨きや歯のお話をして、お口に対する自然な意識レベルを上げる事もお子様の将来にとって大切なことです。

歯並びに関しては顎骨の成長時期と歯の大きさによって、将来、歯列不正が生じるかどうかは状態によりさまざまな事が考えられるので、不安に思ったら歯科医に相談したほうがいいでしょう。

また、保険でおこなえる矯正治療は、遺伝的な障害により顎の骨、または口唇、歯肉、歯並びに障害が生じている時(唇顎口蓋裂、みつ口等)に適用になります。




口腔の崩壊は、ささいな、ほんの少しの痛みのない疾病から生じていきます。
一般的にお口の病気の始まりは主に虫歯、歯周疾患でありますが、両方とも感染症である為、その原因となる細菌を少なくする事が大切です。
(原因除去療法)

また、目に見えない治療−根の治療、適合の良い補綴物(充填物、金属冠)などをきちんとしてもらい、気づかない進行性の病気(歯周病など)を予防し、上手な歯磨きをマスターして、長く口腔の健康を維持することが大切です。ですから治療に関しては早期発見、早期治療をお勧め致します。



HOME診療主旨当院の特徴診療について医院案内サイトマップ
一般歯科|予防歯科審美歯科インプラント歯周病入れ歯リンク集

一般歯科(近藤デンタルクリニック:歯科医院・静岡県掛川市)

Copyright (C) Kondo Dental Clinic. All rights reserved.