予防歯科

予防歯科診療・治療について

 − ふだん、何気なく食事をしたり、会話をしたり
        人にとってお口は大切な生体の一部です。 − 

もし快適に食べられなかったり、いろいろな表情をまじえて会話ができなかったりしたら、とてもつらい事ですね。お口の健康を快適にするには、ただ単に虫歯や痛みをなくすための治療だけでなく、なんの不自由もない状態、つまり、健康な状態をいかに保ち続けるということが大切です。

小さな虫歯でも放っておくとやがて大きくなり、穴が開いて痛みがでてきます。歯の周りが汚れていると、その汚れが固まり歯茎から出血がおこりやがて動揺していきます。我慢できない症状になった時に歯医者さんでの治療をはじめる人は多いでしょう。悪化が進んだ状態の治療ほど痛みも出てきやすく、治療期間もコストもかかってしまいます。

そうならない為にも毎日のお口の健康管理として、歯磨きが上手になること、常にお口の中が爽快な感じになるように意識していくことがとても大切です。そして体調を整えること

口腔の治療は歯医者さんが行いますが、お口は体の一部であり、体の状態が良くないと体の抵抗力が下がり、虫歯の原因菌や歯周病菌が増えやすい状態になります。それが病気の進行を早める状態になり、虫歯になりやすい状態や歯茎の状態の悪化、歯周炎の増悪につながってくるのです。

理屈ではわかっていても、毎日、歯磨きで完全にプラーク(歯垢)を取ることはとても難しいものです。

ですから、ある程度の期間内に歯医者さんでの専門的な歯のクリーニング PMTC(プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が必要になってきます。その時に歯や歯ぐき、噛み合わせに異常がないか診査して、問題があれば、ひどくならないうちに最小の治療をする事が、より良いお口のメインテナンスとなります。

このことが一生自分の歯で食べて、実りある健康な生活をいとなむために必要なことです。疾患を予防するために必要なことを歯医者さんでしてもらい、家ではお口に対する意識を高め、歯磨きが上手になっていくことがお口の健康を保つヒケツです。

 口腔内に存在する細菌
体の免疫力はお口の中にも影響をおよぼします。(口腔内に存在する細菌)


原因除去療法

虫歯になったから詰め物やかぶせ物をする、歯が痛いから神経を取る、歯ぐきが腫れたから膿を出してお薬を飲む、歯がないから入れ歯を作る、などなど、不満や苦痛を感じた時に治療を行いますが、これらは、病気が起こった時、対処的に不満足を満足に変える処置です。

考え方を変え、そうなる前に、その原因を修正またはなくすことによって病気にならないようにすることが原因除去治療です。

虫歯も歯周疾患も細菌による感染症(一部を除いて)であるため、その原因となる細菌を少なくすることがとても大切です。また治療により汚れやすい状態の歯を汚れにくくしたり、耐久力のない歯ぐきや噛み合わせを整えて、お口全体の良い環境を維持し、予防することも大切です。

そのためには
  • 患者さん自身が歯磨きが上手になる事で、細部の汚れ(細菌の汚染)が長期間停滞しないようにして、常に口腔内を清潔にするよう意識してもらう。

  • 治療により歯を汚れにくくして、歯ぐきやお口全体の環境を整えること。

    • 歯ぐきの状態の良くする
      治療により歯ぐきの溝(歯周ポケット)に汚れが入らないように浅くする。又はなくす。治療により耐久性の高い厚い歯ぐきをつくることで咀嚼圧やブラシ圧に負けないようにする。(日本人は、歯の周りの骨や歯ぐきが、薄い人が多く、歯ぐきの疾患を生じやすい。)

    • 歯に詰めるものやかぶせる物などの適合精度や形をきちんとすることにより、汚れにくく清掃しやすい歯、歯列の環境を維持する。

  • 疾患を放置せず、お口の健康を守るために、定期的に専門的なクリーニング、噛み合わせのチェック等のメンテナンスをおこなうこと。
などがお口の疾病予防のために必要なことです。



HOME診療主旨当院の特徴診療について医院案内サイトマップ
一般歯科|予防歯科|審美歯科インプラント歯周病入れ歯リンク集

予防歯科(近藤デンタルクリニック:歯科医院・静岡県掛川市)


Copyright (C) Kondo Dental Clinic. All rights reserved.